辰巳芳子の鍋の値段や通販は?経歴と闘病生活や若い頃の画像!結婚した夫や子供は?【サワコの朝】

スポンサーリンク

こんにちは、まりもんです!

【サワコの朝】に料理研究家の

辰巳芳子(たつみよしこ)さんが登場

します!

辰巳芳子さんは、お父様のために作り

続けた介護食「いのちのスープ」を

ある病院へ長年の間提供し続けたことで

知られており、多くの著書や料理番組

でも紹介されています。

ちょっと厳しいおばあちゃん先生の印象

ですが、料理にはとても時間をかけ丁寧

で、辰巳芳子さんの優しさが伝わって

きます。

現在の若い人達の間でも、辰巳芳子さん

はひそかな人気で、自宅で開くスープ

教室は予約が取れず、取れても何年も

待たされるといった状態で、ファンが

とっても多いんですね。

そんな辰巳芳子さんはいったいどんな

女性なのか、経歴や若い頃の画像や

辰巳芳子さん考案のホウロウ鍋等に

ついていろいろと調べてみました!

<目次>

  1. 辰巳芳子さんの鍋の値段や通販は?
  2. 辰巳芳子(たつみよしこ)さんの経歴や闘病生活は?
  3. 辰巳芳子さんの若い頃の画像!
  4. 辰巳芳子さんの結婚した夫と子供は?

1.辰巳芳子さんの鍋の値段や通販は?

出典:https://item.rakuten.co.jp

サワコの朝でも紹介されている

辰巳芳子さんの考案した、ホウロウ鍋が

とっても気になりますよね!

こちらのお鍋の正式名は

「蒸気調理鍋ミモザ」です!

蒸気調理鍋は名前のごとく、蒸気で

調理するホウロウ鍋です。

琺瑯の老舗メーカーの、あの

野田琺瑯が作っている、日本製

辰巳芳子さんの代表レシピである

「しいたけスープ」が最高の状態で

作れるよう考案されたものなんです。

さらに、鍋は厚めに作られていて

  • ボウルやお皿として使用できる蓋
  • 保存容器として使える内鍋
  • スープ作りに最適な一穴すのこ
  • さまざまな蒸し料理に使える多穴すのこ
  • 辰巳芳子さんのレシピ(12品)

が付いています!

出典:https://item.rakuten.co.jp

蒸気調理鍋ミモザは、

蒸気で蒸すことによって素材の栄養を

有効に生かすことができるそうですよ。

お値段は、税抜きで¥13,000.

と、思ったよりも高くないですね~。

野田琺瑯ですよ!?

税込みでは¥14,040.です。

ミモザはIHにも対応しています。

出典:https://item.rakuten.co.jp

辰巳芳子さんはこのお鍋で

ご飯ものやデザートまで作っている

そうで、なんと電子レンジの代わりに

食品を温めるのにも使用している

そうですよ。

スポンサードリンク
そして辰巳芳子さんの鍋

「蒸気調理鍋ミモザ」は通販で購入する

ことが可能です!

1番安全な購入方法としては、やはり

辰巳芳子さんの公式サイトからの

購入ですが、送料が1000円前後

かかってしまうのがネックですね。

詳しくはこちらの辰巳芳子さんの

サイトをご覧ください!

http://www.tatsumiyoshiko.com/?page_id=291

また、別の通販サイトでは送料無料の

ところもあったりするので探してみると

いいかと思います。

参考までに、こういった所もあります。

https://www.favoritestyle.jp/products/detail.php?product_id=1921

辰巳芳子さんの鍋「蒸気調理鍋ミモザ」は

見た目たとってもかわいいし

色も明るくていいですよね!

パスタをゆでたりするのにも

大きめの鍋が重宝しそうです。

実際に使用している人の口コミを見てみると

評判はとてもいいですね。一部を

紹介しておきます。

  • 見た目よりも軽くていい。
  • スープが簡単にできる。
  • もっと大きいかと思ったけれど
    丁度いいサイズ。
  • 煮物をすると色が付くので洗うのが大変。
  • 炒めて煮る、ということはできない。
  • プレゼントとして使える。

なんだか私も欲しくなってきました!

思ったよりも高くないですが

私的には悩んでしまう金額です^^;

スポンサードリンク

2.辰巳芳子(たつみよしこ)さんの経歴や闘病生活は?

出典:http://www.tatsumiyoshiko.com/

  • 名前:辰巳芳子(たつみよしこ)
  • 生年月日:1924年12月1日
  • 年齢:93歳
  • 出身:東京都
  • 学歴:聖心女子学院卒
    名古屋柳城短期大学

    慶應大学心理学科
  • 高校2年生でカトリックの洗礼をうける
  • 職歴:国立教育研究所実験保育室
    宮内庁代膳寮(13年間)
    少年院篤志面接員(10年間)
  • 料理研究家:40歳ごろから料理研究家
    の母の手伝いを始める
  • 72歳で、自宅でスープの会を始める

辰巳芳子(たつみよしこ)さんは

今で言うお金持ちのお嬢様育ち。

父芳雄さんは大手建設会社の大成建設の

常務取締役で、祖父は三菱造船の創立に

関る仕事をされていました。

辰巳芳子さんの母浜子さんは、料理家で

自宅でもいろいろな料理を作っていた

そうです。例えば、当時は小麦粉を使った

料理と言えば「うどん」だったのですが

母浜子さんは「カンパーニュ(パン)」を

作って避難食としても活用されていた

そうです。

お嬢様だった辰巳芳子さんは、当時では

めずらしい働く女性だったんですね。

現在だったらバリバリのキャリア

ウーマンだったのかもしれません。

しかし辰巳芳子さんが国立教育研究所

で働いていた25歳の時に、肺結核を

発症してしまいます。その後快復し

慶應大学へ入学しましたが、結核が

再発し、その後15年間もの間

闘病生活を送ったのですね。

気づいた時にはすでに40歳になって

いた辰巳芳子さんは、料理家の母の

手伝いをするようになり、料理をする

ことで自信を少しずつ取り戻していった

のだそうです。

その後、お母様の代わりに料理教室で

料理を教えるまでに成長した辰巳芳子

さんは、イタリアで料理を学んだり

フランス料理で有名な加藤正之さんの

もとで13年働くなどし、お母様の

和食もあわせて、いろいろな料理の

勉強をされました。

元気になった辰巳芳子さんはとっても

パワフルな女性に生まれ変わった

ようですね!

そんな中、辰巳芳子さんのお父様が

脳血栓で倒れ、嚥下障害になり

その介護食として、辰巳芳子さんの

お母様と2人でさまざまなスープを

お父様のために作るようになったのです。

とても手塩にかけたスープはお父様を

喜ばせ、お父様が亡くなった後も

辰巳芳子さんは地元の病院へ

手作りのスープを提供するサービスを

するようになり、それがとても

美味しいと評判になっていきました。

後に「いのちのスープ」と呼ばれる

ようになり、多くの雑誌やテレビで

紹介され、辰巳芳子さんは自宅で

スープ教室を開くようになりました。

それは現在まで22年間も続いており

予約が取れないほどの人気を呼んでいます!

スポンサードリンク

3.辰巳芳子さんの若い頃の画像!

辰巳芳子さんは、白髪がとっても綺麗

なおばあちゃん先生。

若い頃もきっと美人だったのだろうな

と思っていろいろと若い頃の画像を

探してみました。

するとこんな画像を見つけましたよ!

出典:食といのち

こちらは辰巳芳子さんの著書

「食といのち」の中で紹介されている

画像です。

左に写っているのが40歳頃の

辰巳芳子さんで、右に写っているのが

母親の辰巳浜子さんです!

この画像よりも若いものは、見つける

ことができませんでした。

驚いたのは現在の辰巳芳子さんが

当時の写真のお母様にそっくりだ

ということ!

さすが親子ですね~

辰巳芳子さんは、お母様に料理を

教わったというわけではなく

見て覚えていったのだそうですよ。

スポンサードリンク

4.辰巳芳子さんの結婚した夫と子供は?

ところで、辰巳芳子さんはご結婚

されているのか?また子供さんは

いらっしゃるのか?

気になりますよね~。

実は辰巳芳子さんは過去にご結婚

されていたことがあるんです。

それは辰巳芳子さんが20歳の時。

当時早稲田大学の学生さんだった男性と

縁談がまとまり、婚約されていました。

しかし、それと同じ時期に、夫となる

男性の学徒出陣が決まってしまった

のです。

そう、戦争に行かなければならなく

なったんですね。

戦争に行って死ぬかもしれないと

分かっていながら結婚させるのは

どうかということで、辰巳芳子さんの

お父様が縁談を破談にするよう話を

すすめようとし、婚約者側へ断りに

出向いたそうです。

夫となる婚約者は涙を流したそうですよ。

戦争へ行くから結婚しないというのは

おかしい、という辰巳芳子さんは

なんと

お父様の反対を押し切り、結婚を

果たしました。辰巳芳子さんは

自分の意志をしっかり持った

女性なんですね。

早春に結婚して、3週間で夫はフィリピン

へ出征し、9月に戦士をされたそうです。

辰巳芳子さんはその後50年もの間

結婚してよかったのかどうか

悩み続けていたそうです。

そして夫が戦死したセブ島へ行った

辰巳芳子さんは、その時

結婚してよかったという思いに

なったのだそうです。

辰巳芳子さんはずっと再婚もせずに

自分の足でしっかり立って自立した

女性になっていった強い女性なのだ

ということが分かりました。

まとめ

辰巳芳子さんの作る料理は

一見時間がかかっているのですが

実は保存できるレシピがたくさんあって

結局後から見ると時短に繋がって

いるんですよね。

もともと日本人は几帳面でとても

丁寧な気質ですので、和食を調理

することは日本人に合っている

のだと思います。

そして辰巳芳子さんのように

毎日ちゃんとした食事を食べて

丁寧な暮らしをしていたら

長生きできるような気がしますね!

私も少しでも辰巳芳子さんに近づけ

るような、日本人らしさを身につけ

たいものです

今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする