吉田愛(建築家)の経歴と年収や離婚理由は?社食堂の場所と値段やメニューは?【セブンルール】

スポンサーリンク

こんにちは、まりもんです!

【セブンルール】女性建築家

吉田愛(よしだあい)さんが登場

します!

吉田愛さんは、建築設計事務所

サポーズデザインオフィス

の代表取締役を、元夫の谷尻誠さんと

共に務めるという、ちょっとかわった

経歴の持ち主です。

吉田愛さんと谷尻誠さんの手がける

作品は数々の賞を受賞しており

今注目のデザイン事務所なんですね!

そんな女性建築家の吉田愛さんは

いったいどんな方なのでしょうか?

童顔の女性建築家、永山祐子さんの
記事も是非ごらんください!

永山祐子(女性建築家)プロフィール!童顔で結婚と子供や作品も気になる!【SWITCH】

スポンサードリンク
<目次>

  1. 吉田愛(よしだあい)さんの経歴は?
  2. 吉田愛(建築家)さんの年収は?
  3. 吉田愛(建築家)さんと元夫谷尻誠さんの離婚理由は?
  4. 吉田愛(建築家)さんの社食堂の場所は?
  5. 吉田愛(建築家)さんの社食堂の値段やメニューは?

1.吉田愛(よしだあい)さんの経歴は?

出典:https://www.facebook.com

  • 前:吉田愛(よしだあい)
  • 生年月日:
  • 年齢:44歳
  • 出身:広島県
  • 学歴:鈴峯女子高等学校卒業
    穴吹デザイン専門学校卒業
  • 職歴:1994年株式会社井筒
  • 1996年:KIKUCHIDESIGN
  • 2000:年建築設計事務所Suppose 
    design office設立
  • 2014年:SUPPOSE DESIGN
    OFFICE CO.,Ltdを谷尻誠と共同設立

吉田愛さんの年齢は44歳ですが

とっても若く見えますしかわいい女性

ですよね!

吉田愛さんは、元夫の谷尻誠さんと

同い年で、同じ穴吹デザイン専門学校を

卒業されています。

2014年にはサポーズデザイン

オフィスを設立し、共同で代表取締役

を務めています。

吉田愛さんの仕事は、

広島、東京の2ヶ所を拠点として

インテリアや住宅、複合施設などの

プロジェクトが進行中。

住宅、商業空間、会場構成、ランド

スケープ、プロダクト、アートイン

スタレーションなど幅広く多岐に渡ります。

これまで手がけた住宅は100件以上

になるそうです。

吉田愛さんは、大学を卒業している

エリート1級建築士というわけでは

なく、専門学校卒でサラブレッドでは

ないという所を逆手に取って

視点を変えることでたくさんの価値が

見出せるという考えをお持ちです。

建築家の作家性を意識するのではなく

お客さまが納得することを重視して

日々活動されているんですね!

確かに、プライドが高い建築士さん

よりも、身近に感じることができそう

ですし、話も分かってもらえそうな

気がしますよね。

しかも、吉田愛さんは「女性建築士」

ですが、女性建築士は全体の2割弱

くらいしかいないと言われていて

とても貴重な存在なんです。

しかも社長を務めているという

ことで、信頼性もありますし

女性ならではの気遣いも、作品

などに影響してそうですね。

吉田愛さんは、建築やデザインは人

とつながる幸福な手段という考えを

お持ちで、ひとつの作品を評価する

のではなく、作品と人との繋がりや

それに影響される全てのことを

総合的にデザインするということ

なのでしょうね!

スポンサードリンク

2.吉田愛(建築家)さんの年収は?

それでは、吉田愛さんの

年収はいったいどれくらい

あるのでしょうか?

平成28年の賃金構造基本統計調査

によると、一級建築士の平均年収は

46、9歳で約644万円と

なっています。

例えば積水ハウスでは部長クラスで

年収800万円、役員クラスで

年収1000万円になるそうですよ。

独立開業したら、年収1000万円

くらいは稼げるようになり、安定して

受注が受けることができるようになれば

年収1500万円以上になっていく

そうです!

吉田愛さんのように、独立して

メディアにも取り上げられるように

なれば年収1500万円以上あっても

おかしくないですよね!

スポンサードリンク

3.吉田愛(建築家)さんと元夫谷尻誠さんの離婚理由は?

出典:https://www.facebook.com

吉田愛さん谷尻誠さんは、元夫婦で

ご結婚されていたんですね。

仕事が忙しくなった頃に、離婚を

されたようです。

吉田愛さんと谷尻誠さんは、元同級生

ということもあり、働き先は別々でし

たが、きっとお互いよい関係が

築けていたのでしょうね。

離婚された理由については、情報が

どこにもなかったのですが

例えば、結婚して子供ができないとか

仕事のことで家庭内でもぶつかって

しまうとか、私たちには到底

分からない2人の事情があったの

だと思います。

元夫の谷尻誠さんは、吉田愛さんの

ことを「あの人のことを、悪く言う

人はいない」とおっしゃっていて

お互い嫌いになって離婚したという

訳ではないのでしょうね。

でないと一緒に働けるわけがないです

からね。

谷尻誠さんのインタビュー記事の中で

次のような言葉がありました。

親も兄弟も、友達も恋人も、自分のいうことを全部聞いてくれる人だったら、それはそれでつまんないと思うんですよね。自分とは違う一面が相手にあって、そのために不満を抱いたりイライラすることもあるでしょうけれど、だからこそ何かが一致したり、同じときに喜べることが嬉しい。

引用:http://creativeoita.jp

吉田愛さんと谷尻誠さんは、きっと

お互いのことを尊重されているのだ

ろうなと思います。

現在はお互いが最良のビジネスパート

ナーとなっているそうですよ。

このような経験をされている

吉田愛さんと谷尻誠さんは

いろいろな物事の見方ができる方では

ないかと思います。

それが仕事の方にも生かされている

のかもしれませんね。

スポンサードリンク

4.吉田愛(建築家)さんの社食堂の場所は?

出典:https://tabelog.com

吉田愛さんのサポーズデザインオフィスは

2017年4月に事務所の移転を機に

「社食堂」をオープンしました。

社食堂は「会社の食堂」と「社会の

食堂」を掛け合わせたという造語だ

そうで、社員以外の社会の健康も

デザインするということを

コンセプトにしています。

社食堂を作ったきっかけは、社員さん

が建築事務所という仕事柄どうしても

食事が不規則になってしまうので

そこをなんとかしたいと思われた

んですね。

同じ食事を社員と共にすることで

仕事もスムーズに行くことも多くなり

食事と仕事を明確に区別しないで

「間」を大切にしたかったそうです。

間があることで、そこから新しいもの

が生まれるという考えなんですね。

社食堂は一般にも開放されているので

いろいろな方との出会いも増えて

きたのだそう。

やはり、遠方からよりも、ご近所

さんが利用されることが多いみたい

ですね。

それでは、気になる社食堂の場所を

ご紹介します!

  • 社食堂・絶景不動産
  • 住所:東京都渋谷区大山町18-23-B1F
  • 始業時間:10:00~21:00
    (食事は11:00~)
  • 定休日:日曜日

スポンサードリンク

5.吉田愛(建築家)さんの社食堂の値段やメニューは?

社食というと、プラスチックの

器にコップに割り箸・・・

という感じをまずは想像してしまう

のですが。

社食堂のメニューは、今時のカフェの

メニューのような感じで、おしゃれ

なんです!

出典:https://www.j-wave.co.jp

定食や丼もの、カレーなどもあり

定食はがっつりお腹いっぱいになりそう

ですよ。さらにコーヒーやアルコール

もおいているので嬉しいですね。

出典:https://tabelog.com

谷尻誠さんの知人の料理人が料理長を

務めているという本格的な食堂。

ひとつのフロアに、仕事場と食堂が

境界なく隣接していて、ちょっとした

異空間になっています。

夜も定食をやっているので、仕事帰り

などに立ち寄れるのがいいですね。

それではメニューと金額をご紹介します!

画像が荒くて見えにくいですね^^;

メインは日替わり定食の1100円

セットドリンクが300円で頼めます。

それ以外には、サポーズカレーと

ふわふわ卵の親子丼が950円

薬味たっぷりの海鮮丼が1000円

飲み物もコーヒーやお酒など15種類

ほどあり、400円~1000円です。

定食は、バランスが良く味も優しくて

美味しいと好評ですよ。

童顔の女性建築家、永山祐子さんの
記事も是非ごらんください!

永山祐子(女性建築家)プロフィール!童顔で結婚と子供や作品も気になる!【SWITCH】

スポンサードリンク

まとめ

吉田愛さんと谷尻誠さんは

離婚してはいるものの、いつも

側にいるという関係で

もしかしたら、普通の夫婦よりも

一緒に過ごす時間が長いかも

しれませんね。

結婚という形式的なものではなく

もっと強い絆で結ばれているの

でしょうね。

そんなお二人が、今後どんな作品を

担っていくのか楽しみです!

最後まで読んでいただいて

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする