吉田恵美(インテリア)の経歴と年収は?カジノデザインや書道作品は?結婚した夫と子供も!【セブンルール】

スポンサーリンク

こんにちは、まりもんです!

【セブンルール】にインテリアデザイナー

の吉田恵美(よしださとみ)さんが登場

します!

吉田恵美さんは、現在アメリカの

ニュージャージー州とニューヨーク州を

拠点に活動する凄腕の女性デザイナー。

アメリカでトップクラスの評価を受け

引っ張りだこの吉田恵美さんは

アメリカの大物政治家や数億円クラスの

豪邸のインテリアデザインを手掛けて

いるという日本人女性。

吉田恵美さんはいったいどんな方なのか?

気になるのでいろいろ調べてみました!

スポンサードリンク
<目次>

  1. 吉田恵美(よしださとみ)さんの経歴は?
  2. 吉田恵美(インテリアデザイナー)さんの年収は?
  3. 吉田恵美(インテリアデザイナー)さんのカジノデザインとは?
  4. 吉田恵美(インテリアデザイナー)さんの書道作品は?
  5. 吉田恵美(インテリアデザイナー)さんの結婚した夫や子供は?

1.吉田恵美(よしださとみ)さんの経歴は?

出典:https://www.houzz.jp

  • 名前:吉田恵美(よしださとみ)
  • 生年月日:1968年
  • 年齢:50歳
  • 出身:福岡県
  • 学歴:1994年米国アイオワ州立大学
    芸術学部インテリアデザイン科学士課程
    を首席で卒業
  • 職歴:、アメリカの大手建築会社、
    NBBJ Architects、GGLO Architecture
    + Design , IDI and Anshen + Allen
    に勤務
  • 2005年:デザインスタジオ
    Yoshida + Zanon Design Atrium
    「YZDA」を設立
  • 2014年~2018年
    ベストオブハウズ賞を5年連続受賞

吉田恵美さんは、日本の九州福岡県

出身の純粋な日本女性です!

吉田恵美さんは、高校生の時に

医学部や薬学部を目指して勉強して

いたそうです。

出典:セブンルール

というのも、吉田恵美さんの父親は

福岡県で不動産や飲食店の経営をされて

おり「女性も手に職をつけろ」と言われ

ていたことから、医師や薬剤師を目指して

いたのかもしれませんね。

そう考えると、吉田恵美さんはかなり

優秀だったのかな?と思えるのですが

実は大学受験に失敗。

その後まだ19歳という若さで、

2年間、語学留学でアメリカへ

渡ります。そこで吉田恵美さんは

アメリカの建築の面白さに目覚めました!

アメリカのインテリアデザインの大学へ通い

なんと首席で卒業。吉田恵美さんは

その時26歳ですね。

その後アメリカの大手建築会社で働き

28歳でフリーのインテリアデザイナー

として活動を始めました。

そして37歳で、自身のデザイン

スタジオ「YZDA」を創設。

現在はアメリカに渡って30年に

なり、70人もの従業員を抱えて

います。

出典:https://www.houzz.jp

YZDAはクラシックモダンでシンプル。

飽きのこないデザインで機能的。

そこへ和と洋の感性を盛り込むという

こだわりを持っています。

企業、住宅、ホスピタリティインテリア

デザイン、照明、家具デザイン、など

多くの分野で活動し

スタイリングコーディネーターや

アートコンサルタントとしても活躍

しています。

とにかく、オールマイティーに何でも

こなしてしまうすごい女性なんですね!

2014年から2018年に

5年連続で、世界最大の住宅デザイン

情報サイト「Houzz」の

ベストオブハウズ賞を受賞しています!

吉田恵美さんは、今後は日本でも

是非仕事がしてみたいと、番組内

で意欲を見せていましたよ。

スポンサードリンク

2.吉田恵美(インテリアデザイナー)さんの年収は?

出典:https://www.houzz.jp

吉田恵美さんの年収はいったい

どれくらいなのか?

そんなに凄腕のインテリアデザイナー

はいったいどれだけ稼いでいるのか

気になるところです。

吉田恵美さんのYZDAは

22.6百万ドルの収益があると

公表されています。

22.6百万ドルは、日本円にすると

なんと!

24.6億円となります!

日本でインテリアデザイナーとして

企業に所属していると、年収は

300万円~良くても500万円

とされています。

しかしフリーのインテリアデザイナー

として独立起業して、うまく仕事が

もらえると年収1000万円も夢では

ないと言われています。

吉田恵美さん個人の年収は予想する

ことしかできませんが、おそらく

もっと年収は高いのではないかと

思いますね。

年収2000万円近くか、それ以上

あるかもしれませんね!

スポンサードリンク

3.吉田恵美(インテリアデザイナー)さんのカジノデザインとは?

吉田恵美さんは、日本人であるにも

かかわらず、アメリカでトップクラス

の評価を受けています。

アメリカの大物政治家や大企業の

経営者の豪邸もデザインしたことが

あるそうです。

そして吉田恵美さんは、なんと、

あのドナルド・トランプ大統領が、

手掛けたカジノのデザインチームにも

参加していた経歴があるのだとか!

アメリカのニュジャージー州にある

アトランティックシティは

アメリカ東海岸最大規模のカジノがある

観光都市です。

そこにトランプ大統領の

「トランプタージマハルカジノリゾート」

があり、「トランププラザ」、

「トランプキャッスル」をオープン。

1990年には世界最大のカジノとして

「トランプタージマハル」

をオープンしました。

出典:https://matome.naver.jp

建設費用に10億円以上がかかると

されて、結局払えずに破産宣告する

前に自身の別のカジノ会社に買収

させたそうで、そういったやり方を

繰り返すのがトランプ大統領のやり方

なんですね。

吉田恵美さんがデザインしたのは

カジノの中のどういった所なのか

調べてみましたがわかりませんでした。

ですが、カジノの規模はものすごく

広いので、例えば、壁やじゅうたん、

シャンデリアやテーブル、椅子やバーや

VIP対応の部屋など、多くの部分を

デザインされたのではないかと

思われますね!

そんな所にも、吉田恵美さんの和の

感性が入っていると思うと

なんだか不思議な気がします。

スポンサードリンク

4.吉田恵美(インテリアデザイナー)さんの書道作品は?

出典:https://www.houzz.jp

吉田恵美さんは、福岡市の出身で

4歳の時から書道を趣味で習っていた

そうです。

しかもその腕前は確かなもので

数々の展覧会で賞を受賞してきました。

吉田恵美さんは、その書道の才能を

生かし、墨と筆を使った作品を

アートとして創り出しているそうです。

出典:https://www.houzz.jp

その作品の画像をいろいろと探しては

みたのですが、確かなものがなかった

のでセブンルールで紹介されたら

こちらでも紹介したいと思います。

5.吉田恵美(インテリアデザイナー)さんの結婚した夫や子供は?

吉田恵美さんは、すでにご結婚されて

いますね!

出典:セブンルール

夫はアメリカで出会った、ファッション

業界で働くアメリカ人だそうで

お名前はトッドさん55歳。

現在は16歳と19歳の2人の息子さん

がいらっしゃるそうです!

長男はマックスウェル君で、次男は

グレイソン君で、子供さんとの会話は

全て英語なのだそう。

出典:セブンルール

子供さんは日本でいうと高校生と大学生

の育ち盛りですね~。

吉田恵美さんがとてもお綺麗な方なので

子供さんたちもイケメンですね!

出典:セブンルール

吉田恵美さんは、子供さんとの時間を

大切にするために、毎日学校の送り迎え

をたった5分という時間ですが

かかさないそうです。そうしないと

1日で一度も会わなかったりして

しまうそうで、本当い忙しい方なん

ですよね。

出典:セブンルール

吉田恵美さんは、とっても忙しい

のですが、家事もしっかりこなす

スーパーお母さんなんですね。

料理も洗濯も分刻みで毎日バタバタ

されているそうで、睡眠時間は

一日4時間しか眠れないそう。

出典:セブンルール

疲れた時は、15分間だけ昼寝を

するのが吉田恵美さんの習慣。

吉田恵美さんは、ばりばりのキャリア

ウーマンであり妻でもあり、母でも

あるという、とっても忙しい女性

なのだと思います。

出典:セブンルール

働きながら家族を守る女性って

本当にステキですよね!

子供さんにとっても自慢のお母さん

なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

吉田恵美さんは、若くして単身で

アメリカへ渡り、自分の力で

道を切り開いていった、エネルギー

のあるとても強い女性なんですね!

しかもご結婚もして、子供さんも

いて女性として憧れの存在でも

ありますね。

そして世界で活躍する吉田恵美さん

は日本の誇りでもあると思います!

これからも是非、すてきなインテリア

をデザインしていって欲しいですね。

日本でのお仕事も希望されている

そうですので、是非故郷の日本で

ステキなデザインを見せていただき

たいです!

最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする