赤坂ミニマラソン2019春の優勝者!結果と順位は?




赤坂ミニマラソン2019春

オールスター感謝祭

の季節が、今年もやってきましたね!

オールスター感謝祭

今年で28周年を迎えます。

今回は、平成最後の放送で、56回目

になるという長寿番組。

 

その中でも、1993年春にスタート

した、「赤坂5丁目ミニマラソン」

毎回注目を集めています!

今回も招待ランナーとして

有名トップアスリートが参戦予定。

オールスター感謝祭

赤坂ミニマラソン2019春優勝者と

結果順位、名物、森脇健児さんの結果

活躍について紹介していきます。

スポンサードリンク

 1.赤坂ミニマラソン2019春の優勝者は?

赤坂ミニマラソン2019春

(オールスター感謝祭)

優勝者

森脇健児さんでした!!

鼻水が10センチくらい垂れていますが(笑

優勝だから見苦しくても、もういいじゃない

ですか!?

前回の2018年秋の赤坂ミニマラソンでは

惜しくも2位だった森脇健児さん。

実は、3ヶ月前に練習のしすぎで

肉離れを起こしてしまい、出場すら

危ぶまれたのですが

ご家族が応援に駆けつける中

52歳にして3回目の優勝を果たしました!

本当にすごいことです!

2位とは7秒差をつけてのゴール。

最後の心臓破りの坂での追い抜きが

すごいパワーで見ものでしたよ。

ゴールした瞬間は感動しました!

森脇健児さんの健闘ぶりは、後ほど

目次3で詳しく書いています!

 

昨年2018年秋の

優勝者を振り返ってみますと

2018年秋の優勝者は、

キプサング選手でしたね!

キプサング選手は、4分40秒もの

ハンデをものともせず、2位の

森脇健児さんと20秒差をつけて

ゴール!

すごかったのは、最後の4周目でも

全くスピードが落ちず、坂道の手前

から一気に上位の選手を追い抜いた

ところでした。

世界で活躍するキプサングさんのような

選手が、芸能人と真剣勝負をすること

自体すごいことですよね。

 

スポンサードリンク

 2.赤坂ミニマラソン2019春の結果と順位は?

赤坂ミニマラソン2019春

(オールスター感謝祭)の結果と順位

を詳しくご紹介します。

 

優勝者森脇健児さんでしたね!

続いて2位魔裟斗さん

運動自慢タレントとして出場した

魔裟斗さんは、

4周目の心臓破りの坂道まで1位を死守して

いました。このまま1位でいくかと思いまし

たが、最後の森脇健児さんの追い抜きには

勝てなかったと悔しいながらも嬉しそうな

笑顔でしたね。

3位森渉さん

妻の金田朋子さんと出場した森渉さん。

「ここまれ来れたのは、ともちゃんの

おかげ!」と嬉しそう。

4位ハリー杉山さん

5位おばたのお兄さん

となりました!

詳しい順位とトップとの時間差は

  • 1位 森脇健児
  • 2位 魔裟斗 トップとの差7秒
  • 3位 森渉 トップとの差9秒
  • 4位 ハリー杉山 トップとの差16秒
  • 5位 おばたのお兄さん トップとの差25秒
  • 6位 ノッチ トップとの差35秒
  • 7位 小島よしお トップとの差38秒
  • 8位 小野田勇次 トップとの差39秒

2019年春の赤坂ミニマラソンのハンデは

次のとおりです。

  • 一般女子
  • 一般男子:一般女子から15秒後
  • 運動自慢タレント:
    一般男子から40秒後
  • マラソンタレント:
    運動自慢タレントから3分30秒後
  • 小野田勇次:スタートから4分55秒後

昨年2018年秋の順位は次のとおりです。

  • 1位:キプサング トップとの差35秒
  • 2位:森脇健児 トップとの差20秒
  • 3位:おばたのお兄さん トップとの差35秒
  • 4位:ハリー杉山 トップとの差48秒
  • 5位:小島よしお トップとの差55秒
  • 6位:ノッチ トップとの差1分6秒
  • 7位:東国原英夫 トップとの差1分10秒
  • 8位:内藤大助 トップとの差1分50秒
  • 9位:井上咲楽 トップとの差1分54秒
  • 10位:ワタリ119:トップとの差 2分2秒

 

2018年秋のハンデ

  • 一般女子
  • 一般男子:一般女子から15秒後
  • 運動自慢タレント:
    一般男子から40秒後
  • マラソンタレント:
    運動自慢タレントから3分15秒後
  • キプサング:スタートから4分40秒後

赤坂5丁目ミニマラソンのコース

2019年春の赤坂5丁目ミニマラソンの

コースは前回に比べて短かくなりました。

スポンサードリンク

 3.赤坂ミニマラソン2019春・森脇健児さんの結果順位は

今では赤坂ミニマラソンで名物となった

森脇健児さん。

赤坂ミニマラソン2019春・

森脇健児さんの結果順位

なんと優勝!

 

ここで少し、森脇健児さんの

赤坂ミニマラソンでの活躍について

ご紹介します。

出典:https://twitter.com

「走る男」としてイメージが定着して

いる森脇健児さんは現在52歳

昔はSMAPのTV番組「夢がMORI

MORI」の司会を務めるほどの

人気っぷりでしたが、その後勢いが

低迷し仕事が全く無い状態まで

落ち込んだ時期がありました。

 

しかし36歳の時、この赤坂5丁目

ミニマラソンに初出場し、初優勝!

これがきっかけで、仕事も少しづつ

増えていったそう。

 

その後、かかすことなく

赤坂ミニマラソンに出場し続けている

森脇健児さんは、「優勝できなかったら

やめる」と言っていた2017年春の

赤坂ミニマラソンで優勝!

2018年秋は2位と、ずっと

上位の結果を出してきています。

若い出場者がいる中、この年齢にして

この結果は本当にすごいです。

 

森脇健児さんは、現在まで

トレーニングを続けています。

出典:https://twitter.com

2019年に入ってからは

枚方ハーフマラソン

南山城村駅伝大会

京都マラソン

寝屋川ハーフマラソン

三重県松阪シティマラソン

などなど、公式の大会にたくさん

出場していて、かなり追い込んでいる

ようでした。

 

そして2019年春の赤坂ミニマラソン

にも出場!

レース前には練習の成果として前回の

「身体→ボディ→マシーン」から

今回は「ゴムまり」に改造したそう(笑

闘争心むき出しの森脇健児さんです!

しかし、森脇健児さんは練習のしすぎが

たたり、3ヶ月前に肉離れを起こして

しまいました。

それでもなんとかスタートラインに立ち

スタート!ハンデは3分30秒。

スポンサードリンク
招待選手の小野田勇次さんが4分55秒

のハンデでスタートすると、小野田勇次

さんがずっとカメラに映っていて

森脇健児さんやその他の選手の活躍が

ほぼ分からなかったのが残念です。

その間2位の魔裟斗さんは40秒のハンデ

で1位を4周目の坂道まで死守。

小野田勇次さんもなかなか追いついて

来ず、予想はずれの展開に!

 

このまま魔裟斗さんが優勝するかと

思ったのですが、最後の最後で

森脇健児さんが魔裟斗さんの後ろに

現れました!

心臓破りの坂の終わりの方で

最後の力を振り絞り、とうとう魔裟斗

さんを追い抜いた森脇健児さん。

そのパワーはすごかったです!

52歳とは思えないですね~

1位になった森脇健児さんはそのままゴール。

3回目の優勝を果たしました!

毎回、体当たりの走りで

ゴールの後に倒れる森脇健児さん。

今回もゴールしてそのまま倒れてしまい

その時嬉しさのあまり、男泣き。

感動で私ウルっときましたよ。

 

「今回は無理だと思っていた」と

鼻水をたらしていた森脇健児さん。

かっこいいやら、かっこ悪いやら(笑

でもとっても元気をもらえました!

本当におめでとうございます!

スポンサードリンク

 4.赤坂ミニマラソン2019春の招待選手は?

オールスター感謝祭2019春・

赤坂ミニマラソンの招待選手は

小野田勇次さんでした!

毎回招待選手は

番組が始まる直前もしくは、始まった

後に発表されることが多いんですね。

番組放送前のCMでも顔は隠して

いたりして、なかなか予想も

しにくいのです。

最近は男性の黒人選手が多く選ばれ

ているので、ひょっとして今回は

女性選手だったり、日本の有名選手

だったりするのかと予想していると

あの小野田勇次さんだったとは!

 

しかし残念ながら、小野田勇次さんは

まさかの8位。「決して手を抜いて

走ったわけではなく、他の出場者の

パワーに勝てなかった」と悔しそう。

コースが短くなったのも、原因と

思われますね。前回までのコースなら

きっと優勝だったと思います!

スポンサードリンク

 まとめ

毎回真剣勝負の赤坂ミニマラソン。

短い距離で、時間もすぐ終わって

しまうのですが、そんな中でも

たくさんのドラマが詰まっています。

今回もとても素晴らしいレースと

なりました!

フルマラソンもいいですが

赤坂5丁目ミニマラソンもやっぱり

いいですね。

元気をくれてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です