遠藤秀紀(東大)の経歴と年収は?結婚や趣味と解剖学の研究とは?【クレイジージャーニー】

こんにちは、まりもんです!

【クレイジージャーニー】

東大で解剖学の研究をされている

獣医学者の遠藤秀紀(えんどうひでき)

さんが登場します!

遠藤秀紀さんは、毎日のように

動物の遺体を解剖し、その進化や

歴史を探り未来へ引き継ぐという、

私たちの日常からは離れた

研究をされています。

遠藤秀紀さんは、著書も出版されて

おり、

「なんだかあやしい、

怪しすぎるが、ついそれに引き込まれ

本を買ってしまう」

というような

魅力があり、遠藤秀紀さんが

解剖が大好き!なのが

伝わってくるそうですよ^^;

そんな遠藤秀紀さんはいったい

どんな方なのか?

気になって仕方がないので

調べてみました!

スポンサードリンク
<目次>

  1. 遠藤秀紀(えんどうひでき)さんの経歴は?
  2. 遠藤秀紀さんの年収は?
  3. 遠藤秀紀さんの結婚は?
  4. 遠藤秀紀さんの趣味は?
  5. 遠藤秀紀さんの解剖学の研究とは?

1.遠藤秀紀(えんどうひでき)さんの経歴は?

出典:http://www.tbs.co.jp

  • 名前:遠藤秀紀(えんどうひでき)
  • 生年月日:1965年4月21日
  • 年齢:52歳
  • 出身:東京都
  • 学歴:東京大学農学部獣医学科卒
  • 1992年:
    国立科学博物館動物研究部研究員
  • 1996年:博士取得
  • 2005年:京都大学霊長類研究所教授
  • 2008年:東京大学総合研究博物館教授

遠藤秀紀さんは、別名「解剖男」とも

呼ばれているほど、解剖が大好き!

小学3年生の頃には、飼っていた金魚

が死んでしまい、水槽にぷかぷか浮いて

いるのを見てとても悲しかったそうですが

悲しみよりも、どうして金魚が死んだのか

その理由が知りたいという気持ちが

勝ったのですね。

遠藤秀紀さんはハサミで金魚を

チョキチョキ切り刻んで

金魚の体の仕組みがどうなっているのか

調べたのだそうです。

もうこの時から研究者としての

素質があったのかもしれません。

私はやったことがないのですが

昔は小学校の理科の実験で

蛙の解剖の授業があったり

したそうですね^^;

遠藤秀紀さんは、動物の美しい姿にも

魅せられ、生物の進化に興味を持ち

解剖学の世界へすすみました。

スポンサードリンク
遠藤秀紀さんは、寝ている時以外は

動物の遺体のことばかり考えていて

24時間動物と向き合っているような

ものなんだとか。

動物園から動物が死んだという知らせ

が入ると、すぐ引き取りに行って

研究員の方達と解剖に取り掛かる

のだそうです。

象が死んだ時は、トラックで

引き取りに行き、何トンもある象を

解剖して腸や鼻がどうなっているか

調べました。

そして集めた遺体や骨を博物館や

研究施設におさめ、未来の人たち

に引き継ぐのだそう。

遠藤秀紀さんは、解剖学から

「遺体科学」という考え方を

生み出しました。

遺体に謎を問いかけ、真実を解き明か

し、遺体を未来に引き継いで

人類の知に貢献するという

なんだかとても深い研究のようですよ。

どんな動物の遺体でも「宝」だと

遠藤秀紀さんはおっしゃっています。

スポンサードリンク

2.遠藤秀紀さんの年収は?

ところで、遠藤秀紀さんの年収について

気になりますよね?

平成26年度の東大教授の年収

平均で、約1156万円と公表

されています!

教授でもヒラと管理職では年収

差があり、管理職では1800万円以上

になる方もいるそうです。

ヒラの教授だと1200万円まで

届かないのが現実なのだとか。

東京大学はこれでも

ほかの国立大学と比べると

給与はやや高めだそうですよ。

しかし一流私大になると

この年収の1.5倍くらいになる

ところもあるそうです!

遠藤秀紀さんの年収

おそらく1000万以上

あるのではないかと思いますが

いかがでしょうか?

スポンサードリンク

3.遠藤秀紀さんの結婚は?

遠藤秀紀さんは、ご結婚されて

いるのでしょうか?

いろいろ調べてみましたが

遠藤秀紀さんが、結婚されている

という情報は、見つけることができま

せんでした。

インタビュー記事を読んでみても

家族や妻や子供の情報が

見当たらないので、きっと独身では

ないかと思いますね。

毎日動物の遺体のことばかり考えて

いるそうなので、女性にはもしかして

興味がないかも?しれませんね!

スポンサードリンク

4.遠藤秀紀さんの趣味は?

遠藤秀紀さんは、解剖が趣味

言っても過言ではないと思いますが

ほかにも趣味があるそうですよ!

遠藤秀紀さんは、ご本人いわく

ちょっと変わった「てっちゃん」

なのだそう。

ディーゼルカーの鉄道模型などを

集めているみたいです。

鉄道そのもののビジュアルよりも

その動く仕組みを見るのが好きで

楽しいそうで、モノを見る視点が

私のような凡人とは違うのかも

しれません。

きっと遠藤秀紀さんは、「観察力」

がものすごく長けた方なのでしょうね!

スポンサードリンク

5.遠藤秀紀さんの解剖学の研究とは?

遠藤秀紀さんの解剖学研究

明らかになったことで有名なのが、

パンダの指の話です。

パンダはもともと熊の仲間です。

パンダは手で笹をつかんで食べますが

「パンダは進化して6本目の指を

作り出して笹をつかめるようになった」

という定説がありました。

しかし遠藤秀紀さんは、パンダの遺体を

解剖し、手の構造を調べた結果

「パンダには7本目の指があり

さらに手首を曲げるように動かす

ことで笹がつかめるようになった」

ということを、なんと世界で初めて

発見しました!

ほかにも、サイの鎧は、ラジエターの

ようなもので、「体温が上がり過ぎ

ないためのものである」ことや

アリクイのアゴが「八の字」に

開くことを、世界で初めてその

詳しい仕組みを明らかにされました!

遺体科学は、とても地味な研究

だけれども、時に大きな発見に

つながるところが醍醐味なのだそうです。

スポンサードリンク

まとめ

解剖学や遺体科学は

最終的に、生と死を深く考える

という、実は私たちに1番近い

学問なのかもしれませんね。

遠藤秀紀さんは、生と死を切り離さず

もっと「」について深く考える

べきだとの考えをお持ちです。

私も人間として、動物の命を

いただいている訳ですから

もう少し、考えてみようかなと

思える機会になりました。

最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする