高橋洋子(小説家)なぜ脱いだ?若い頃の画像や結婚した夫は?【爆報フライデー】

こんにちは、まりもんです!

4月28日の【爆報フライデー】

小説家で女優の高橋洋子

(たかはし ようこ)さんが

出演されます。

高橋洋子さんは、

1973年(昭和48年)に

NHK朝の連続テレビ小説

「北の家族」のヒロインを演じ

一躍有名になりました!

高橋洋子さんはこの「北の家族」の

前後に撮影された映画で「脱いでいる」

ことで当時注目を集めていました。

なぜ、高橋洋子さんは脱いだのか?

私は同じ女性として、そこが

とっても気になるので

調べてみることにしました!

スポンサードリンク
ねぇ、知ってる?高橋洋子さん4つのこと

  1. 高橋洋子さんのプロフィール
  2. 高橋洋子さんはなぜ脱いだのか?
  3. 高橋洋子さんの若い頃の画像!
  4. 高橋洋子さんの結婚した夫は?

1.高橋洋子さんのプロフィール

出典:http://www.asagei.com

  • 名前:高橋洋子(たかはしようこ)
  • 生年月日:1953年5月11日
  • 年齢:64歳
  • 1972年:
    東京都立三田高等学校卒
  • 1972年:
    文学座付属演劇研究所入所
  • 1972年:
    映画「旅の重さ」の主役を
    務める
    (デビュー作)
  • 1973年:
    NHK朝の連続テレビ小説
    「北の家族」でヒロインを務める
  • 1974年:
    映画「サンダカン八番娼
     館望郷」で娼婦おさき役を務める
  • 1981年:
    小説「雨が好き」で作家デビュー
    第7回中央公論新人賞受賞

高橋洋子さんは、女優から小説家

に転進し芥川賞候補になるなど

注目されています。当時は

芸能人が小説を書くという

出版ブームがあり、それに

乗っかったということですが

中央公論新人賞を処女作で

受賞したことは、周囲を驚かせた

そうですよ!

やはり才能がおありなんですね!

2.高橋洋子さんはなぜ脱いだのか?

高橋洋子さんは、デビュー作の

「旅の重さ」でいきなり脱いでいる

わけですがなぜなんでしょうか?

出典:https://middle-edge.jp

当時の芸能界では、関根恵子さんや

桃井かおりさんも、映画では必ず

脱いでいたのだそうです。

この頃の時代背景は

高度経済成長期の終盤頃で

好景気で社会がどんどん変化し

人々の気持ちも大きくなって

きていたと想像できるので

「脱いであたりまえ」ぐらいの

感覚があったのかも知れませんね!

脱いだといっても、ポルノでも

アダルトでもなく、上半身だけ

だからと高橋洋子さんは

おっしゃっています。

それでも「旅の重さ」で脱いだことで

注目されたのは事実ですよね!

化粧もほとんどしなくて

自然体な高橋洋子さんは

当時人気を集めていました。

出典:https://middle-edge.jp

スポンサードリンク

3.高橋洋子さんの若い頃の画像!

出典:https://twitter.com

こちらは高橋洋子さんが

20歳のころの画像です!

まだあどけなさが残っていて

かわいいですね~。

出典: m.sponichi.co.jp

こちらはおそらく

高橋洋子さんが21歳ごろのもの

だと思います!

いい画像ですね~。

出典:http://www.jprime.jp

こちらは「北の家族」撮影当時

画像です。こうして見たら

ふつうのどこにでもいそうな

女の子なんですね~。

親近感を感じます。

スポンサードリンク

4.高橋洋子さんの結婚した夫は?

高橋洋子さんは、1980年

作曲家の三井誠さんと結婚

されました!

出典:https://www.nikkan-gendai.com

三井誠さんは、高橋洋子さんの

コンサートを手伝ったり、

曲を提供したのがきっかけだとか。

三井誠さんは「クラフト」という

バンドで、ボーカルとギターを

担当されていました。

さだまさしさん作曲の

「僕にまかせてください」を歌って

ヒットしたことで有名です。

さだまさしさんとは同じ事務所で

同じ大学で刺激しあった仲間

だそうですよ。

クラフトは1979年に解散し

三井誠さんは作曲家へ転進。

作曲した中で1番のヒット曲は

稲垣潤一さんの

「クリスマスキャロルの頃には」です!

なんと三井誠さんの作曲だったん

ですねー。この曲は170万枚の

ミリオンセラーになりました!

スポンサードリンク

まとめ

高橋洋子さんは

この春公開の映画

「八重子のハミング」で

28年ぶりに女優として復帰

されました!いったいどんな

出来映えなのか、観て見たい

ですね!これからの女優としての

活動と小説家としての執筆とで

充実した生き方が待っていそう

ですね。今後のご活躍に期待

したいです。

今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする