野沢道生(カリスマ美容師)の経歴や美容室の人気は?イケメンのヘアアレンジ公開?【まる得マガジン】

こんにちは、まりもんです!

みなさん、覚えていますか?

1999年「カリスマ美容師」

という言葉が流行しましたよね!

テレビでは、いろんな美容室の

カリスマ美容師(主に男性)が紹介されていました。

カリスマ美容師とは、

  • 技術力が高い
  • 見た目がカッコイイ
  • 話が面白い

と三拍子そろった美容師さん

のことだそうです。

そのカリスマ美容師業界を生み出し、

牽引してきたと言われている、

カリスマ美容師 野沢道生(のざわみちお) さんが

NHKの【まる得マガジン】に出演されます。

年齢を重ねても、こんなにもイケメンな野沢道生さんは

どんな方なのでしょうか?

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

ねぇ、知ってる?野沢道生さん4つのこと

  1. 野沢道生カリスマ美容師の経歴は?
  2. 野沢道生さんの美容室の人気の秘密は?
  3. 野沢道生さんが美容師になった理由は?
  4. 野沢道生さんのカリスマ美容師への道のり

1.野沢道生カリスマ美容師の経歴は?

出典:https://matome.naver.jp/

  • 名前:野沢道生(のざわ みちお)
  • 生年月日:1963年
  • 年齢:54歳
  • 出身地:東京都
  • 職業:美容師(トップヘアスタイリスト)

「Michio Nozawa HAIR SALON Ginza」代表兼ヘアプロデューサー

1994年に、ヘアサロン「ACQUA」オープン(原宿)

2010年に、ヘアサロン「Noz」オープン(六本木ミッドタウン前)

2015年に、「Michio Nozawa HAIR SALON Ginza」オープン

と、次々と美容室をオープンされていて、

これを見ただけでもすごい方なんだなぁと思います。

美容業界では1つのお店を持って、

それを維持していくのはとても大変なこと

らしいです。

野沢道生さんは美容室でのお仕事も当然ながら、

ヘアショーやファッション誌で、

最新のトレンドを発表したり、

オリジナルヘアケア用品の開発もされています。

また海外でもサロンを開いたり、

講演会やボランティアなどさまざまな分野で

精力的に活動されています。

スポンサードリンク

2.野沢道生さんの美容室の人気の秘密は?

野沢道生さんの美容室の人気の秘密は

お客さまを理解しようとする

ホスピタリティの高さにあるようですね。

ただ、流行の髪型を追うだけでなく

ひとりひとりに似合ったスタイルを

提案してくれるので

それはお客さまの立場からしたら

うれしいところです。

いくら流行っている髪型だったとしても

その人に似合っていなかったら、

かっこ悪いだけですからね。

野沢道生さんは、セミナーやボランティアなどで

それぞれの年代に合った髪型のアレンジの仕方を

もったいぶらずに、惜しみなく教えてくださり

とてもサービス精神旺盛な方なんです。

若い美容師さんには、あまり理解してもらえそうにない

年齢による髪の悩みなども、

経験豊かな野沢道生さんならではの

アレンジで解決できそうです!

スポンサードリンク

3.野沢道生さんが美容師になった理由は?

野沢道生さんが子供の頃の、

1960年~1970年代は、

日本の高度成長期に向けて

ファッション業界が急成長していき

それとともに、ヘアムーブメントが

起こった時代です。

その頃、野沢道生さんのお友達の

お父さんが、とてもカッコよくて

オシャレな美容師さんだったらしく

美容師への憧れを持たれたようですね。

また、野沢道生さんのお母さまも

昔、美容師だったことなどもあり

美容師への道を選ばれたんですね。

スポンサードリンク

4.野沢道生さんのカリスマ美容師への道のり

一人前の美容師になるまでの道のりは

とても厳しい修行のようなものだそうです。

華やかな職業に見える仕事ほど、

裏では厳しい努力が必要なんですね。

ですから若いうちに、辞めていく人が

多いようです。

そんな厳しい道のりを、ここまで歩んできた

野沢道生さんは、強い精神力の持ち主で

あると言えると思います。

長年培ってきた経験で

今では一般の人から芸能人まで

幅広い年齢層から高く評価、支持されいます。

海外からわざわざ予約して来られる方も

いるそうですよ。

スポンサードリンク

まとめ

【まる得マガジン】では

家庭で楽しめる、アレンジの仕方や

髪のお手入れの方法などを

分かりやすく教えてくれそうです。

ぜひプロ直伝のアレンジを学びたいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする