草間彌生(芸術家)の若い頃の画像は?結婚や子供は?趣味や性格と水玉模様の展覧会はいつ?【美の巨人】

こんにちは、まりもんです!

芸術家である、草間彌生(くさま やよい

さんが、【美の巨人たち】に出演されます。

水玉模様のデザインが特徴的で有名なので

みなさん1度くらいはその作品を

見たことがあるかもしれません。

私は、草間彌生さんの顔写真を見て

女優の「樹木希林」さんにそっくりなので

びっくりしました!

え?本人!?

って思いましたが、調べたら違うようですね。

そんな草間彌生さんが、いったいどんな人なのか

すごく気になってきたので

調べてみました!

スポンサードリンク
ねぇ、知ってる?草間彌生さん4つのこと

  1. 草間彌生さんの若い頃の画像は?
  2. 草間彌生さんの結婚や子供は?
  3. 草間彌生さんの趣味や性格は?
  4. 草間彌生さんの水玉模様の意味は?

草間彌生さんのプロフィール

出典:http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp

  • 名前:草間彌生(くさま やよい)
  • 生年月日:1929年3月22日
  • 年齢:87歳
  • 出身:長野県松本市
  • 学歴:京都市立美術工芸学校卒
  • 職業:芸術家
  • 代表作:「南瓜」
  • 2016年:「タイム」誌で「世界で最も影響力のある100人」
    に選出・文化勲章受賞

草間彌生さんは、幼い時から

強迫神経症に悩まされ

繰り返し現れる幻覚から逃れるために

絵を描き始めたそうです。

水彩・パステル・油彩など

幻想的な絵画を制作されています。

現在、東京・六本木の「国立新美術館」で

【草間彌生 わが永遠の魂】の展覧会

開催しています。(2017年2月22日~5月22日)

スポンサードリンク

1.草間彌生さんの若い頃の画像は?

出典:http://fuminblog.exblog.jp

こちらが、草間彌生さんが若い頃の画像です。

おそらく、ニューヨークで活動をされていた

1960年代の、30歳代頃の画像だと思います。

若い頃は、とてもお綺麗だったんですね!

「凛」とした眼差しからは、強い意志を

感じとれます。

この頃のニューヨークでは

オードリー・ヘップバーン主演の映画

「ティファニーで朝食を」が公開されました。

また、黒人問題が悪化し、治安はあまり

良くなかったようです。

草間彌生さんは、

そんな、日本とは違う最先端のファッションや、

芸術品や、揺れる社会環境などから

あらゆるインスピレーションを得られた

のではないでしょうか?

日本人離れした色使いやデザインなどにも

少し納得できますね。

スポンサードリンク

2.草間彌生さんの結婚や子供は?

草間彌生さんは、1957年に渡米し

ニューヨークで活動していました。

そこで芸術家である、ジョゼフ・コーネル氏

出会います。ジョゼフさんは臆病な性格だったそうで、

孤立した環境で彫刻などを独学で学ばれたそうです。

草間彌生さんとは、親友であり、

よきパートナーであったと言われています。

ジョゼフさんには、

草間彌生さんに捧げた作品がいくつかあるそうです。

しかしジョゼフさんは

1972年、69歳で

心臓の病で亡くなりました。

当時、草間彌生さんは43歳でした。

その後、日本へ帰国されますが

誰かと結婚することはなく

ずっと独身でいらっしゃるそうです。

草間彌生さんは

実の子供さんはいないのですが、

高倉功さんという養子がいらっしゃいます。

高倉さんは「草間彌生スタジオ」の

代表取締役を務めており、

スタジオディレクターを30年近く

されているそうですよ!

スポンサードリンク

3.草間彌生さんの趣味や性格は?

草間彌生さんは、

現在病院で生活されているそうで、

スタジオを行ったり来たり

しているようですね。

趣味はなく、買い物に行ったり

旅行に行ったりすることは

全くしないそうです。

仕事が趣味と言ってしまってもいいかも

しれませんね!

草間彌生さんは、気遣いがあり、

とても丁寧に人と接する方だそうです。

そして、自分には厳しく、自分のポリシーを曲げず

目標を高く持たれているのだそうです。

87際まで、ずっと芸術活動を続けてこられたのも

そのような意思の強さがあったからだと思います。

病気と闘いながらも、ずっと1つのことを

やり続けてきたのは

本当にすごいことですよね!

スポンサードリンク

4.草間彌生さんの水玉模様の意味は?

出典:http://www.jalan.net

草間彌生さんの作品は

水玉模様などの同じ柄を、反復して

絵画や彫刻の表面を覆うのが特徴です。

特にこの「南瓜」は有名で

人の身長よりも大きく作られていて

かなりのインパクトがあります!

水玉や粒々などを見ると「こわい!」

と思ってしまう、「集合体恐怖症」という病気

がありますが、そういった方には

ただのこわい作品でしかないでしょうね。

でも草間彌生さんのこういった手法は

世界でも注目を集めています!

草間彌生さんは、

水玉は人一人ひとりを表現しており

宇宙はたくさんの水玉の集まりであり

人はそんなふうに集まって生きている

と考えておられるそうです。

私は個人的に

この「南瓜」の黒い●が

人の目の集まりのように感じて、

人の目はとても大切なところなので

どうしても注目してしまう、といったところを

うまく活用している気がします。

もちろん、黒い●の作品ばかりではないのですが、

「南瓜」はどうしても目がいってしまいます(笑)

スポンサードリンク

まとめ

マリメッコという、水玉柄で有名な

ブランドがありますよね。

そこの水玉柄の商品は

「かわいい」という印象でしかありません。

草間彌生の作品は、同じ水玉柄なのに、

全く違う印象のもので、

独特の世界観があります。

是非、わたしも自分の目で

草間彌生さんの作品を観てみたいです!

そして、これからも草間彌生さんには

また新しい作品を生み出してもらって

みんなを驚かせてほしいと思います!

今日も、最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする