小林カツ代の闘病生活の真実とケンタロウの事故が金スマで!肉じゃがや味噌汁は?

こんにちは、まりもんです!

昨日の【金スマ】で、故小林カツ代

さんの9年間の闘病生活

「私が死んでもレシピは残る」という

タイトルで紹介されました。

2005年8月に

小林カツ代さんが病に倒れ

2014年1月23日に亡くなるまで

いったいどのような様子だったの

でしょうか?

また、小林家の家宝ともいえる

肉じゃがや、味噌汁への

こだわりについても紹介します。

スポンサードリンク
<目次>

  1. 小林カツ代さんが倒れた時の様子は?
  2. 小林カツ代さんの病院での闘病生活は?
  3. 小林カツ代さんの仕事への思いとは?
  4. ケンタロウさんの事故や現在は?
  5. 小林家の家宝の肉じゃがや味噌汁へのこだわりとは?

1.小林カツ代さんが倒れた時の様子は?

2005年8月、小林カツ代さんは

自宅でスタッフと共に、仕事の打ち合せ

をされていました。

小林カツ代さんは、スタッフの方に

「濃い目のコーヒーを入れてちょうだい」

とお願いします。

普段は薄いコーヒーしか飲まないはず

なのに、体調でも悪いのかな?と

スタッフの方は思いながら、コーヒー

を入れました。

そのコーヒーを飲んで少しすると

小林カツ代さんは「頭が・・・

少し横になるわね」とその場を離れ

別室で休まれました。

普段から、しんどくても弱音を

吐かない小林カツ代さんなのに

どうしたのかと、スタッフの方は

心配されました。

その後しばらくして、スタッフの方が

部屋へ様子を見に行くと、小林カツ代

さんは倒れて動けなくなっており

意識はあるものの、「頭が割れる

ように痛い」ともうろうとしていま

した。

スタッフの方が「先生を呼びますか?」

と聞くと、小林カツ代さんが頷いた

ので、これは大変だと救急車を呼びます。

救急車が来た時はまだ意識がありました

が、救急隊の方が小林カツ代さんを

運ぼうとした時に、意識を失われ

たそうです。

スポンサードリンク

2.小林カツ代さんの病院での闘病生活は?

小林カツ代さんが倒れた病は

くも膜下出血でした。

容態はかなり出血がひどく

すぐ手術する事態になりました。

担当の先生は、手術をしてもその後の

生存率は10%だとケンタロウさんに

告げます。

そして、奇跡的に小林カツ代さんは

命を取り留めました!

周囲の人達は、すべて順調に良く

なって行くと、疑わなかったそう

ですが、思うとおりにはいきません

でした。

意識を取り戻してから2週間くらい

してから、急に身体が麻痺して

動かなくなり、食事も取れない状態

になりずっと点滴で栄養を取って

おり、話すこともできません。

そんな状態がずっと続いていました。

娘のまり子さんは、献身的な介護

で小林カツ代さんの支えとなり

少しですが流動食を口から食べ

られるようにまでになり

そんな些細な事が、家族の希望の

光となっていたそうです。

スポンサードリンク

3.小林カツ代さんの仕事への思いとは?

入院中、小林カツ代さんが

くも膜下出血で容態が悪いことは

公に公表していませんでした。

そのため、仕事はいつも通り

やってきます。

スタッフの方が、「この仕事はどう

ですか?」とか「このレシピはどう

ですか?」と聞くと、小林カツ代

さんは話せないため、目で会話したり

いやな時は眉間にシワを寄せたり

して、一生懸命意思を伝えようと

されていました。

「この仕事は辞退しましょうか」と

スタッフさんが聞くと、小林カツ代

さんは涙を流されたそうです。

大好きな仕事ができないことが

とても苦しかったのでしょうね。

辞退した仕事のピンチヒッターとして

ケンタロウさんが活躍されました。

ケンタロウさんは、幼い頃から料理を

していて、ケンタロウさんが料理の

道を目指すことに決めたとき

ケンタロウは料理に向いている」

「やっぱりどこかで嬉しかった」と

おっしゃっていました。

小林カツ代さんは、76歳で亡くなり

ましたが、生前

「92歳まで生きる!」と宣言して

いたそうですよ。

そしてお年寄りに向けた料理を発信して

いきたいと、将来を夢見ておられました。

その夢が叶わずに、本当に残念です。

スポンサードリンク

4.ケンタロウさんの事故や現在は?

小林カツ代さんが闘病生活をしていた

ころ、それに追い討ちをかけるような

事件が起こりました。

2012年2月4日の深夜、首都高で

ケンタロウさんが運転するオートバイが

カーブを曲がりきれず、6メートル下の

路上に転落し、重傷を負いました。

ケンタロウさんは、寝たきりの状態になり

両手両足が麻痺、高次脳機能障害

記憶ができないこともあるそうです。

言葉を発するのがやっとで

感情表現がほとんどできず

食事もできないので鼻からチューブ

を通す胃ろうの状態だったそうです。

しかし妻の大谷マキさんの

献身的な介護によって少しずつ回復し

車椅子に乗れるようにまでなり

小林カツ代さんのお見舞いに車椅子で

何度か行っていました。ですが

小林カツ代さんが、それが理解できて

いたのかどうかは分からないそうです。

当初は再起不能では?といわれていた

ケンタロウさんですが、今はご自宅で

リハビリに励んでおられるそうですよ。

スポンサードリンク

5.小林家の家宝の肉じゃがや味噌汁へのこだわりとは?

小林カツ代さんは、簡単で早くできる

レシピを考案したことで

お茶の間の主婦からの指示を得てきま

した!

小林カツ代さんのレシピは1万通り

以上といわれていますが、その中でも

美味しいと人気なのが「肉じゃが」

です。

肉じゃがレシピは小林家の家宝

言われているくらいで、ケンタロウ

さんのレシピ本にも「母直伝」

として紹介されています。

私もケンタロウさんのレシピ本を

持っていて「肉じゃが」を作ったこと

があるのですが、本当に簡単で

美味しいんですよ!

しゃばしゃばではなく、こってりの

肉じゃがです。

この肉じゃがは、小林カツ代さんの

「お別れの会」で400名もの参列者

にふるまわれました。

小林カツ代さんは、簡単で早くできる

レシピが売りですが、ひとつだけ

手を抜かない料理がありました。

それが「味噌汁」なんです。

味噌汁くらいはちゃんと作りたい。

ちゃんと鰹節から出汁を取って

たった1分出汁を取ることを

投げ出さないで欲しいと考えて

いました。

また出汁を取ると、その香りで

部屋に引きこもっていた子供たちが

匂いにつられて出てくるのだそうです。

味噌汁には人を笑顔にして、人を

繋げる力があるのではないかと

思っておられたそうですよ。

私は味噌汁には出汁パックを使って

いるのですが、今度ちゃんと鰹節

からお出汁を取って作ってみようと

思います!

スポンサードリンク

まとめ

小林カツ代さんの料理本は

亡くなられた現在でも人気があり

買い求める人がいます。

日本の家庭の食卓に、大きな影響力

を与えてきた小林カツ代さんのレシピ

はこれからも、多くの人が作って

どこかの家庭の味になってくので

しょうね。

ケンタロウさんの今後も心配ですが

いつか料理ができるくらい回復される

ことを期待して応援したいと思います。

今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする