花王社長(澤田道隆)の経歴と学歴や年収は?月のロゴやミッキーの泡!結婚や子供は?【カンブリア宮殿】

こんにちは、まりもんです!

【カンブリア宮殿】花王の社長

澤田道隆(さわだみちたか)さんが

登場します。

花王の商品といえば、洗濯洗剤の

アタック、オムツのメリーズ

洗顔料のビオレU、ヘルシア緑茶

などなど、誰でも知っていて

私たちの生活に密着し、どこの家庭

にも花王の商品がありますね。

「清潔で美しく健やかに」という

キャッチフレーズが、耳に残って

いる方も多いのではないでしょうか?

2008年には、化粧品会社カネボウ

を買収し子会社化したことも記憶に

新しいですね。

花王は今年創業130年という節目

の年を迎えています。

株主配当は、なんと27期連続増配

ということで、日本の上場企業の中で

ナンバーワンです!

そんな注目の花王の社長である

澤田道隆さんとは、いったいどんな方

なのでしょうか?

スポンサードリンク
<目次>

  1. 澤田道隆(さわだみちたか)さんの経歴は?
  2. 澤田道隆さんの学歴や入社のきっかけは?
  3. 澤田道隆さんの年収は?
  4. 澤田道隆さんの花王の月ロゴマークとは?
  5. 澤田道隆さんの花王のミッキーの泡とは?
  6. 澤田道隆さんの結婚や子供は?

1.澤田道隆(さわだみちたか)さんの経歴は?

出典:https://www.weekly-economist.com

  • 名前:澤田道隆(さわだみちたか)
  • 生年月日:1955年12月20日
  • 年齢:61歳
  • 出身:大阪府
  • 学歴:1981年
    大阪大学大学院工学研究科プロセス工
    学専攻修士(博士前期)課程修了
  • 職歴:1981年
    花王石鹸株式会社入社
    研究開発部門
  • 素材開発研究室長
  • 2003年:
    サニタリー研究所長着任
  • 2006年:執行役員就任
    研究開発部門副統括
  • 2007年:ヒューマンヘルスケア
    研究センター長兼務
  • 2008年:取締役就任
  • 2012年6月28日:
    代表取締役社長執行役員就任

澤田道隆さんは、大阪生まれの

大阪育ち。大学も身近だった

大阪大学へ進学し、大学卒業と同時に

花王へ就職しました。

花王は1887年創業で今年130年

目にあたります。

花王は「界面活性剤」の会社です。

花王の創業者長瀬富郎さんは当初

輸入文房具などを販売していましたが

日本の粗悪な石鹸を目にし、輸入品

に負けない高級化粧石鹸をつくり

ました。

その頃、化粧石鹸が「顔洗い」と

呼ばれており「カオ石鹸」と名前を

つけて、その後当て字の「花王」

社名になったのだそうです。

花王は社員の約3分の1が研究員で

澤田道隆さんも研究員の一人として

活躍してきました。

研究所長をされていた頃は

ベビー用オムツのメリーズの低迷期

で、素材を一から見直し、肌に優し

く通気性のよい商品開発に寄与し

国内トップブランドに蘇らせました。

澤田道隆社長は、シャンプーのメリッ

トのように、5年10年と継続的

に研究を重ね、繰り返し商品改良し

受け入れられる商品づくりをしてきた

ことが好業績につながっていると考え

ているそうです。

改良段階で、また新たな発見があって

新商品の開発につながっている

のだとか。

2016年からはカネボウを大改革

するとして注目されています。

また澤田道隆社長は、スポーツ

全般が好きで、体力維持の秘訣

はウォーキングなんだとか!

やはり経営者の方はスポーツを

している、または得意な方が多い

ですよね。

スポンサードリンク

2.澤田道隆さんの学歴や入社のきっかけは?

澤田道隆社長は、高校生の頃から

化学に興味があり、大阪大学工学部

へ進学され大学院の修士課程まで

学ばれました。

大学時代は、当時さまざまな環境問題

があった中で、環境中の悪臭物質の

低級脂肪酸の測定の研究をしていま

した。

澤田道隆さんは

先生からみると優秀な生徒という

わけではなかったそうですが

実験が好きで、よい先輩に恵まれて

「物事を本質的に考える」という

ことを学んだとおっしゃっています。

実験が最終的に世の中にどのように

役立つのか常に考えていたのだ

そうです。

花王に入社したきっかけは

なんと澤田道隆さんの父親も

花王の社員で、当時の丸田社長に会わ

せてもらえる機会がありました。

丸田社長も研究者であり

化学の本質は量子化学にあるという

こと、またそれを応用するのが花王

だという考えに感銘を受け、王で

働きたいと思うようになったのだ

そうです。

花王は化学の会社でもあり

ただ化学だけを研究するのではなく

他の学問と融合させながら開発

していくことが大切だと考えて

います。

また、澤田道隆社長

失敗を恐れずに研究し

高いレベルへ挑戦できる人材が

必要だと考えておられます。

スポンサードリンク

3.澤田道隆さんの年収は?

澤田道隆社長年収はいったい

どれくらいあるのでしょうか?

こんな大企業の社長の年収

みなさん興味がありますよね。

花王の2016年有価証券報告書

によりますと、取締役7名の

役員報酬合計が4億1千400万円

となっています。

また澤田道隆社長の役員報酬の

総額が1億5千600万円と

なっていました!

ということは、年収にすると

もっとあるわけで・・・

年収1億6千万以上はあるで

しょうね。

とにかくすごい金額なのだという

ことが分かりますね!

スポンサードリンク

4.澤田道隆さんの花王の月ロゴマークとは?

花王といえばみなさんが思い描く

のが、月のロゴマークですよね!

ご存知の方もいるとは思いますが

花王の月のロゴマークは、昔から

少しずつデザインが変化しています。

月のロゴマーク

花王の創業者、長瀬富郎さんが

考案したものです。当時輸入品の

鉛筆を扱っており、その鉛筆に

あった月と星のマークがヒントに

なりました。

最初のロゴ(1890年↓)

出典:http://news.mynavi.jp

その後、時代とともに変化し

1943年には右向きだった顔が

左向きに大きくかわりました。

これは、左向きの月は満月に向かう

上弦の月ということで縁起がよいと

されていたからだそう。

出典:http://news.mynavi.jp

さらに1948年には、男性から女性

の顔に変化しました。

その後、社名が花王石鹸株式会社から

花王株式会社になり、同時に

コーポレートカラーがオレンジ色から

グリーンに変化します。

そして現在のロゴマークがこちら。

出典:http://news.mynavi.jp

これだけロゴマークが変わる会社も

めずらしいですね!

変化を恐れない、花王の社風が

現れているのでしょうか?

ロゴマークも化学変化している

みたいですね!

スポンサードリンク

5.澤田道隆さんの花王のミッキーの泡とは?

花王を調べていて、とても気になった

のが「ミッキーの泡」です!

花王は2015年7月から

「東京ディズニーランド」と

「東京ディズニーシー」の

オフィシャルスポンサーとなり

ました。

花王は、「スプラッシュマウンテン」

「トイビルトロリーパーク」

「トイストーリーマニア」の提供を

開始。

そして新たに「ハンドウォッシュ

エリア」が登場しました。

これは両パークの休憩所に設置された

機械のボタンを押すと、ミッキーマウス

の形をした泡が出てきてとっても

楽しく手が洗えるというもの!

これは、隠れミッキーとしてマニア

に人気が出ているそうですよ。

出典:http://www.kao.com

泡でミッキーをつくるだなんて

すごい発想力ですよね~!

とってもかわいいし、大人でも

ちょっとうれしくなってしまいます。

花王の楽しく手を洗い、子供が

「きれい」の大切さに目覚めるという

小さな魔法を提供したいという考えが

ディズニーの基本理念と一致し、

実現した企画なのだとか。

今度ディズニーランドに行った時は

私も是非やってみたいと思います!

スポンサードリンク

6.澤田道隆さんの結婚や子供は?

澤田道隆さんは、すでにご結婚

されています!

奥さんはどこで知り合った方なの

か、何をされている方なのか

情報を見つけることはできま

せんでした。

しかし子供さんは2人で

妻と娘さん2人の4人家族

なのだということは確かですね。

もしかしたら家族を通して

商品へのいろいろなヒントが

得られているのかも

しれませんよね。

澤田道隆さんの、普段の朝食についての

情報を見つけました!

出典:http://president.jp

いつも朝食にヨーグルトを

摂っているのがこだわりのよう

ですね。

朝食は、新聞やテレビ、ネット

などで情報収集をする時間でも

あるそうです。

澤田道隆さんの趣味や、好きな花王

お気に入り商品など、もっと知りたい

ことがたくさんありますが、やはり

情報が少ないのが残念ですね。

今後何か分かることがあったら

追記していきたいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

澤田道隆さんは、失敗を恐れず

挑戦する勇気のある人が

花王の欲しい人材であり、

挑戦なくして大きな成功はない

とおっしゃっています。

これからも、あきらめずに

研究を続けて、私たちの生活に

役立つ商品を開発していただき

たいですね。

これからの既存の商品の変化にも

注目したいです。

今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする