井村屋会長(浅田剛夫)の経歴や転職は?マツコも絶賛あずきバーのルーツ!【カンブリア宮殿】

こんにちは、まりもんです!

みなさんは、井村屋のあずきバー

食べたことがありますか?

私が子供の頃は、アイスキャンデー

といえば井村屋のあずきバー

寒い冬でも冷凍庫にはあずきバー

入っていました。こたつに入って

固~いあずきバーを食べた、幼い

頃の記憶は消えることはありません。

出典:https://www.imuraya.co.jp

先日、「551蓬莱」のあずきバー

を食べたのですが・・・やはり

井村屋のあずきバーが1番美味しい!

そんなステキなあずきバーを生み出し

た、井村屋の会長浅田剛夫

(あさだ たけお)さんが

【カンブリア宮殿】に出演されます。

浅田剛夫会長は、いったいどんな方

なのか?あずきバーのルーツなどを

調べてみました!

スポンサードリンク
<目次>

  1. 井村屋会長(浅田剛夫)さんの経歴は?
  2. 井村屋会長浅田剛夫さんは転職していた?
  3. マツコも絶賛!井村屋のあずきバー!
  4. 井村屋のあずきバーのルーツとは?

1.井村屋会長(浅田剛夫)さんの経歴は?

出典:https://www.imuraya-group.com

  • 名前:浅田剛夫(あさだ たけお)
  • 生年月日:1942年
  • 年齢:74歳
  • 出身:三重県津市生まれ
  • 学歴:津高等学校卒
       中央大学経済学部卒
  • 職歴:
    1970年 井村屋製菓入社
    1993年 取締役就任
    2003年 代表取締役就任
    2010年 井村屋グループ㈱
    代表取締役社長就任
    2013年 井村屋グループ㈱
    代表取締役会長就任

浅田剛夫会長は、小学生のころは

活発な少年で率先して遊びを考え出し

みんなの中心的存在でした。

中学・高校ではバスケットボール部

所属し高校2年生でキャプテン

勤め、チームをインターハイ目前まで

引っ張っていきました。

リーダーシップの基本は、そういった

経験からからも培われていたんですね。

また、商売気質はおばあ様から

受け継がれたようですね。

古物商を営んでいたおばあ様から

商売の面白さについて、たくさん

学ばれたそうです。

身近にそういった方がいると

自然と知識が身に付くので得です

よね!

浅田剛夫会長は修学旅行で東京を

訪れ、そこで「スピッツを連れた

かわいい少女」を見かけて

東京への憧れが強くなり、上京を

決意されました!

そんなことで将来を決めるなんて

単純ですよね(笑)

でも普通の男の子だったんだなと

親近感も沸いてきます!

そんなふうに将来に夢が持てる

なんて、その頃の日本はいい時代

だったんですね~。

その後念願かなって、上京し

中央大学経済学部へ進みます。

大学卒業後は、ちょうど東京

オリンピック後の不況と重なり

世の中は就職難に陥っていました。

浅田剛夫会長も就職活動で大変

苦労されたそうですよ。

スポンサードリンク

2.井村屋会長浅田剛夫さんは転職していた?

浅田剛夫会長の就職活動は困難を

極めましたが、今で言うコネで

大阪の老舗食品メーカー

「イカリソース」に内定しました!

出典:http://www.ikari-s.co.jp

大阪でソースと言えば、イカリ

ソースです!知らない人はいない

と思いますよ。

浅田剛夫会長は、そこで流通担当の

営業として働かれていました。

奥さんとは社内恋愛で結婚し

仕事にもやりがいを感じ充実した

日々を送っておられました。

そこへ中学時代の同級生だった

井村正勝さん(後の井村屋製菓

社長)が突然訪ねてきて

浅田剛夫会長に「営業担当が

足りないからきてくれ」と

持ちかけたのだそうです。

上司の後押しなどもあり

大阪万博もあり展望がありそうだ

との期待から、浅田剛夫会長は

転職を決意!

しかし井村屋で挑戦した高級アイス

事業は時代を先取りしすぎて軌道に

乗らず、海外志向から路線変更し

3年後、「あずきバー」がメガヒット

となりました!

まさに、ピンチがチャンスになった

ということですね。

スポンサードリンク

3.マツコも絶賛!井村屋のあずきバー!

昨年12月に放送された、TBSの

超人気番組「マツコの知らない世界」

で「冬アイス」が特集されました!

日本で唯一のコンビニアイス評論家

アイスマン福留さんは、アイスを

愛し、アイスを1日に3個食べる

生活を5年間継続中だそう(笑)

そのアイスマン福留さんがオススメ

する19品の中に、井村屋のアイス

が2品紹介されていました!

1つ目がこちら!

出典:https://www.imuraya.co.jp

「これ溶けないのよね~」

出典:TBS

と、あずきバーを美味しそうに

食べるマツコさん。

さらに、あずきバー2本を電子レンジ

で2分温めると「ぜんざい」に変身!

そこへ「雪見だいふく」を投入すると

ぜいたくなクリーム白玉ぜんざいに!

出典:TBS

マツコさんはこれをひと口味見・・・

あずきバーはそのままがいい」との

コメントでした(笑)

そして2つ目がこちら!

出典:https://www.imuraya.co.jp

kiriとコラボしたクリームチーズアイス

マツコさんは「これ大好き~」

「チーズそのものよね~」と言って

美味しそうに召し上がっていました!

私はこの時、初めてこのクリーム

チーズアイスを知ったので、後日

スーパーで買って食べてみました。

すると本当に濃厚なクリームチーズ!

レアチーズケーキを食べてるみたいな

感じで美味しい♪

なんとkiriのクリームチーズを60%

も使用しているそうですよ!

これには私もハマってしまい、今でも

何回もリピートしています!

濃厚なので夏より冬に食べるのが

おすすめですね。

スポンサードリンク

4.井村屋のあずきバーのルーツとは?

井村屋は明治時代の1896年に

井村和蔵さんが開業した和菓子屋

からスタートしました。

「ようかんだったら作れそうな気が

する」というだけで、商品をようかん

に決めたそうです。

その後開発した「とらまき」で売上が

上昇し井村屋の名声が高まりました。

出典:https://www.imuraya.co.jp

あんこは自家製で味と品質にこだわる

伝統はここから始まりました。

そしてインスタントブームにのって

即席ぜんざいが発売されました。

出典:https://www.imuraya.co.jp

おなじみの、あんまんや肉まんも

その後開発されました。

当時、あずきアイス市場は確立

されていなかったため、和菓子屋

としての認知度が高い井村屋

得意のぜんざいをアイスにできないか

と挑戦します。

しかしぜんざいをアイスに固める

のは難しく、小豆が偏ってしまうなど

の難題がありました。

何度も工夫を重ね、とうとうアイス

一本に100粒の小豆を均等に入れた

アイスの開発に成功したのです!

すごいですよね~

100粒って決まってるのには

驚きです!

こうしてあずきバーは生まれた

のですね。

井村屋はあんこを仕入れるのではなく

小豆を仕入れて自家製あんこを作って

います。それがおいしさの秘訣みたい

ですね!

小豆には食物繊維もあって

たんぱく質までとれて健康にも

よさそうですよね。

変な添加物も入っていませんから

後味もさっぱりしています。

化学調味料たっぷりのアイスより

井村屋のあずきバーの方が美味しい

し、子供のおやつにも安心ですよね!

お年寄りからお子さんまで人気が

あるのには、そいう理由もある

んですよね~。

スポンサードリンク

まとめ

最近日本は海外からの観光客で

にぎわっています。

「即席ぜんざい」は外国人の方の

お土産に人気があるんですよ!

意外ですよね~。

「豆のスープがこんなに美味しい

なんて信じられない」と絶賛されて

います。日本食ってすごいですね。

3年後にはまた、東京オリンピック

がやってきます。

ますます井村屋さんが新しい

商品を作るチャンス到来ですね!

是非おいしい小豆を使った

商品を開発して、私達を楽しませて

もらいたいです。

私はあずきバー大好きですので

かなり井村屋さんを応援しています!

今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする